高額買取りが期待できる車? 記録簿あり

車は売るために買うわけではなく、乗るために買うものです。
とはいえ安い買い物ではありませんし、買い替えも前提として考えると、
売るときにはできるだけ高く売りたいというのが正直なところ。
実際に最初から高く売れる車を買うわけではないにしろ、
どういった車が高く売れるのか?知っておくことも大切です。

査定額に影響がある書類

車を売却する際、年式やグレード、走行距離などが
査定額に大きな影響を与えることはもちろんですが、意外に忘れられがちなのが書類関係です。
査定額に影響を与える書類としては、以下のようなものが挙げられます。

・メンテナンスノート (メーカー保証書・点検整備記録簿)
・民間工場による点検整備記録簿
・取り扱い説明書

メンテナンスノート(メーカー保証書・点検整備記録簿)

新車購入時には必ずついてくるのがこの書類。
メンテナンスノートは、ディーラーにおいてメンテナンスを行った際に、
点検内容を記録するもので、点検整備記録簿と呼ばれる場合もありますが
民間工場での記録簿との混同を避ける意味で、メンテナンスノートと呼ばれます。
メーカーや車種によって、その形式はさまざまですが、
メーカー保証書と一対、または一体となっている場合もあります。

メンテナンスノートに車検や定期点検など、すべての整備記録が記載されている場合には、
車そのものの状態を証明できる書類となるため、より高い査定額が期待できます。

また、もしも保証期間が終了してしまっていたとしても、
保証書を捨ててしまうよりは、きちんと保管しておいたほうが評価は高くなる場合があります。

極端な例を挙げれば、ワンオーナー車であるにも関わらず、
メンテナンスノートがなかった場合、なにか重大な整備や欠陥があることを
隠蔽している可能性を疑われても仕方ないともいえるわけです。

民間工場による点検整備記録簿

ディーラーではなく、民間工場において点検整備を実施した際に発行される記録簿です。
メンテナンスノートが揃っているほうが評価は高くなりますが、
民間工場による記録簿でも記録簿ありという扱いとなります。

ちなみに車検証にも、24ヶ月点検を行った場合にディーラーか、
指定工場か、認証工場か、またはそれ以外の場所(無認可の工場もしくはユーザー車検など)
かが記載されますので、この表記と併せてどいういった整備を行ったかの証明にもなるわけです。

取り扱い説明書

これも新車時に必ずついてくるものですね。
メンテナンスノート・記録簿ほど重要ではありませんが、
どちらかといえばあったほうが評価は高くなります。

記録簿の場合と違って、車種が同一であれば他の車両のものでも基本的に同じものですので、
もしも紛失してしまった場合、何かの方法で手に入れておくのもひとつの方法です。
最近ではネットオークションなどでも出回っている場合があります。

記録簿はきちんとした車歴を証明できる重要書類

車の査定額を決めるには、走る、止まる、曲がるのこの基本性能が
きちんとしているかどうかが重要です。
その状態を証明することができるのが点検整備記録簿であるともいえます。

不具合がまったくないほうが良いですが、不具合があってもきちんとしたところで、
きちんとした整備を行ったという証明になります。

例えば、メーカーの保証期間が切れて、走行距離は保証対象内で、
致命的な不具合が生じてしまった場合に、ディーラー(もしくは指定工場)での
整備記録が残っていれば、走行距離を証明することがでえきますから、
場合によっては保証対象として整備を受けられる可能性もあります。

メーター改ざん車とは

中古車では走行距離が少ないほど、その価値は高くなります。
通常であれば走行距離はメーターを見れば一目瞭然ですが、中には悪徳な中古車販売業者によって、
メーターの巻き戻しが行われてしまうケースがあります。

いわゆるメーター改ざん車と呼ばれる車がこれにあたります。
近年では、オートオークションにおいても車体番号と走行距離を
しっかりと管理するようなシステムを導入したりして、不正行為の撲滅を目指しています。

ちなみにメーター改ざん車であるかどうかは、記録簿によっても証明することができます。
記録簿には点検整備を行った日時と整備内容が記載されていますから、
その日時から後に走行距離が減ることはありえません。

極端な例を挙げると、新車から10年が経過したワンオーナー車で
走行距離が1000kmであった場合、一時抹消していない限りは少なくとも4回は
車検を通していなければならないわけです。
記録簿があればその都度走行距離が記載されていて、
本当にあまり乗っていなかったことが証明できますが、
記録簿がなければ直近と1回前の車検時の走行距離しか証明できませんから、
メーター改ざんを疑われても仕方がないともいえるわけです。

高額買取りコンテンツ